High school course 高校生コース

志望校を母校にする!

人間の成長にとって、高校生の3年間はとても貴重な時間です。大人にとっては、去年も今年も、おそらくは来年も同じように時間が過ぎていきます。しかし、高校生にとっては、変化と成長が続いていきます。その大切な時間のサポートが私たちの仕事です。

高校受験が「県大会」なら、大学受験は「全国大会」です。偏差値60の高校に合格したからといって、そのまま偏差値60の大学に合格できるわけではありません。大学受験は皆さんが思っているよりもハードルが高いのです。部活動などの学校生活を充実させつつ、受験を成功させるためには早い時期からの学習が大切です。

高校1年生の皆さん

短期間で成績が伸びにくいのは「英語」「数学」です。

英語
高校で必要とされる英語力は、難易度の高い英文を短時間で読む英語力です。難関大学に合格するためには、単に単語数を増やすだけでも、文法のドリル学習だけでも不十分です。文法は「横のつながり」を意識しながら学び、英文は名詞のグループ(名詞句・名詞節)を意識し、動詞を意識して英語の語順を理解することがまず必要です。そして、音読を習慣化し、単語学習も重ねていくことで、中学英語から高校英語に移行することができます。

数学
高校1年4月の数学は中学校の復習的な要素が強いものの、1学期の中間考査以降になると本格的な数学学習が始まります。大学受験では数学力を多くの大学が意識するようになり、文系学部でも数学が必須な大学も増えてきたので、数学が分からなくなってしまうと、進学の幅が狭められてしまいます。
数学は学校によって進度が異なりますので、集団授業でわからないところがあれば、「日曜個別授業」でサポートすることをお勧めします。

受講講座〈 高校1年生対象 〉

英語総合 金曜日 20:00 – 21:30
数学ⅠA 土曜日 17:30 – 19:00

高校2年生の皆さん

大学受験を意識した勉強方法が必要です。

文系
2年次には英検準1級を目指します。準1球をとることで、大学受験での負担が減るだけでなく、3年次に英語以外の科目に時間をかけることができるからです。また、結果が出るまでに時間がかかる国語を学ぶことで、受験を見据えることが出来ます。
日本史や世界史などは学校での勉強を取り組むことが大切です。

理系
理系の生徒は英語が苦手な傾向があります。3年次では理数科目に時間を注がなければならないので、2年次には英語をしっかりと学習しましょう。
数学ⅡBは分からない問題があったら、解答を写して解法を理解し、その後で何も見ないでもう一度、解答しましょう。それでも理解できない時にはすぐに講師に質問をして、分からない問題はそのままにしないようにします。そして、12月までには全ての範囲が終わらせ、数学Ⅲに移リます。

受講講座〈 高校2年生対象 〉

総合英語SS 金曜日 19:30 – 21:30
総合英語S 水曜日 19:00 – 21:30
国語総合 月曜日 19:30 – 21:30
数学ⅡB 月曜日
土曜日
18:30 – 20:30(通期)
19:00 – 20:00
(オンライン)
数学ⅠA 土曜日 17:30 – 19:00(通期)

高校3年生の皆さん

基礎を着実に定着させ、入試に対応できる応用力を身につけるためには、学習量が必要です。Sアカデミーには十分な数の自習席があり、学習環境が整っています。授業に参加するだけでなく、自習室を活用することによって、学習量を確保しましょう。

私立文系
学習時間がとにかく大切になります。英語が得意であれば、古典や日本史・世界史に力を入れます。これらを「暗記科目」と考え、一問一答形式の問題をするのではなく、「理解」→「暗記」→「問題演習」という順番で学習をします。そして何度も繰り返すことで、学力の定着を図ります。英語が苦手な生徒は、夏までに英語の基礎を徹底します。英語がいちばんのキーになるのがこの私立文系です。

私立理系
早稲田・慶応を受験するならば、理科2科目が必要です。どちらかに力を入れるのではなく、両方とも同じように点数を伸ばせるように学習します。また、数学は「ⅠA」では「整数」「確率」を復習した上で、数学Ⅲを勉強しながら、不安なⅡBの項目を学習していくことが必要です。
理系の生徒は理数科目は好きですが、英語が苦手という生徒が少なくありません。文法や単語に加え、音読を通じて英語的学習回路を作りましょう。

国立文系
私立文系の学習に加えて、数学と理科の基礎科目が必要です。理科の基礎科目は、学校の勉強をしっかりと行った上で、11月から集中して学習すれば十分に間に合います。数学は「文章題」という形式に慣れておきましょう。国立大学の個別入試で必要な科目を得意科目にし、それ以外の科目を苦手科目にしないように勉強します。

国立理系
受験の中でいちばん難しいのが国立理系です。共通テストでは古典や地歴公民が要求され、数学はⅢまで、理科は2科目と必要な学習量が多いことが特徴です。そのため、どの科目を自分で学習をし、どの科目を受講するのかよく考えて、自習時間を増やしましょう。そして、共通テストの結果で志望校が決まってしまうので、上位大学を目指す人は、自分の好きな科目だけでなく、共通テストの科目までしっかりと学習しましょう。

受講講座〈 高校3年生対象 〉

英語長文SS 木曜日 19:30 – 21:30(前期)
17:30 – 20:30(後期)
英語長文S 木曜日 19:30 – 21:30(前期)
17:30 – 20:30(後期)
英文法SS 火曜日 19:30 – 21:30(前期)
17:30 – 19:30(後期)
英文法S 火曜日 19:30 – 21:30(前期)
17:30 – 19:30(後期)
最難関大学現代文 土曜日 15:00 – 17:00(前期)
17:15 – 19:15(後期)
難関大学現代文 土曜日 19:30 – 21:30(通期)
世界史 月曜日 19:30 – 21:30(前期)
18:30 – 21:30(後期)
日本史 土曜日 17:15 – 19:15 (前期)
13:45 – 16:45 (後期)
化学 土曜日 19:30 – 21:30 (通期)
物理 月曜日
土曜日
20:30 – 21:30 (通期)
数学Ⅲ 金曜日 18:30 – 20:30 (通期)
数学ⅡB 月曜日 18:30 – 20:30 (通期)
数学ⅠA 土曜日 17:30 – 19:00 (通期)